日立冷蔵庫 R-S5000G

今まで使っていた冷蔵庫が冷えにくくなった。使っていたのは東芝GR-A51R。野菜室が冷蔵室の中にあり、冷蔵庫の中が乾燥していない特徴的な冷蔵庫だった。修理の手配をして修理の担当の方から電話をもらった。症状を説明したところ、原因はほぼフロンの漏れとのことで、修理代は少なく見積もって7万円! 耐用年数を考えても修理は得策ではない、とアドバイスをいただいた。

www.toshiba-lifestyle.co.jp

良い冷蔵庫だったのだが、致し方ない。急遽、冷蔵庫購入の検討。冷蔵庫で製品選定の最大の制約は置き場所だ。メーカーもそのことを当然理解していて、カタログは大きさがすぐわかるようになっている。

我が家の場合は、幅70cmがギリギリ、奥行きはほぼ問題なし、高さにやや問題がある。また設置場所が引き戸のすぐ隣であり、右側に扉を開くと、90度以上は開かない。左側もキッチンがあって90度以上は開かない。今までGR-A51Rを使っていても、フレンチドアが両方とも完全に開くわけではなかったので、扉があまり開かない仏壇にお参りしながら使っているような、そんな感じだった。

したがって、我が家の設置場所の制約からは、幅65cm程度、最大で68.5cm、フレンチドアでも良いが、開きづらいのだから片開きもよいかも、といったことになる。

 

この条件で見ていくと、我が家にドンピシャかもしれないという商品に出会った。 

www.sharp.co.jp

シャープのSJ-WX55Dだ。奥行きが深いが我が家では奥行きはこの程度75cmでは問題がない。幅もギリギリだ。しかも、フレンチドアが開きづらくて使いづらいという問題を解決する、両開きだ。これはいけるんじゃいか!と思っていたら、カタログに小さな赤字で「壁際に設置される場合、冷蔵庫ドアが十分に開けられない時は壁から20mm以上のスペースを空けてください。」と書いてある。

我が家の設置場所ではどうやっても70cm以上は確保できない。放熱のギリギリのスペース両脇5mmを考えて、残り1cmもない。

 

店頭でこのSJ-WX55Dの現物を見て、両開きのメカニズムを確認して、この20mm以上のスペースがなぜ必要なのかわかった。ドアの回転の支点の部分から外側の部分が、扉を開けるときに20mmぐらい外側に出て回転するのだ。これだと我が家では扉が開かない、と判明。

このSJ-WX55Dと同じシリーズで幅65cmがあれば即買いなのだが、そのような機種は存在しないのだ。誠に残念。

 

五人家族の我が家ではできれば500Lは確保したい。幅は65cmぐらいで。妻の要件は野菜室が真ん中にあった方が良い。とすると、東芝しかない。三菱も今年(2018年モデル)から野菜室が真ん中が出てきたが、出始めでまだ値段がこなれていない。

東芝の65cm、500Lのフレンチドアで買う直前までいったのだが、価格比較のためにちょっと隣のお店に行ってみようかと歩いていたら、アウトレットのお店を発見。一応見てみたら、気になる機種を発見した。

kadenfan.hitachi.co.jp

日立のR-S5000Gである。現行ラインナップでも、このS5000Gの後継機種のS5000Hがラインナップされている。これは調査しているときにも気になっていた機種で、幅が62cmと細いのに、500Lを確保していて、片開きである。野菜室が真ん中ではないということ以外は我が家の条件に合っている。

急遽店頭で5000Gと5000Hの違いを確認してみるとさほど違いがない。アウトレット商品で現品限りだったが、ほとんど傷もなく、長く展示されていたような商品ではなさそうだ。これに決めた。

 

商品を購入してからよくよく調べてみたが、私が購入した前モデル5000Gと5000Hはほとんど変わらない。ほんの少しの違いだけがあり、私にとってはむしろ5000Gの方が少々良い感じだ。違いは

・5000Gはタッチ式操作パネルあり。ドアパネルに浮かぶ表示が良い。5000Hは冷蔵庫内側の操作パネル。

・プラチナ触媒が5000Gは真空チルド室、5000Hは野菜室にある。

・消費電力が5000Hの方が少し良い。

・外装色が違う。

私にとってはタッチ式操作パネルが今時の冷蔵庫っぽくてよかった。

 

庫内も使いやすく、この冷蔵庫はオススメできます。

読書感想 おしゃれが苦手でもセンスよく見せる 最強の「服選び」 大山旬 著

 この本はいい。ファッションをどうにかしたいなと薄ぼんやり思っているおじさんに最良の書である。おじさんはファッションのコツを知りたいと思いつつも、どうやってフッションの知識を仕入れたら良いのかわからない。ファッション雑誌を手に取るのは小っ恥ずかしいし、手に取ってもおしゃれな着こなしが連続して載っていて、これを自分が着るとは思えないし、どこで買ったら良いのかもわからない。わかったとしてもきっとすごく高いんじゃないかと怖い。

 そんなおじさんはこの本を読むととても勉強になって、もうすぐにでも服を買いに行きたくなる。この本通りにw

 

読書感想 きことわ 朝吹真理子 著

 第144回芥川賞受賞作。でも、すみません、僕には面白さがわからなかった。最後めまで読み進められませんでした。申し訳ない。こういう美しい小説は僕には向いてないんだなあ。

 

読書感想 撃てない警官 安東能明 著

一般的な警察小説とは趣が異なる。キャリア官僚である柴崎は部下の引き起こした事件により所轄に飛ばされ、そこで起こる様々な事件、出来事の短編集。人情話もあり、とても良い。お勧めできる。

パスポート用の写真をiPhoneで

パスポート用の写真をiPhoneとコンビニの写真プリントでどうにかしたい、と思ってどうにかなったので、忘れないように記録しておく。

パスポートの写真というのは、45mm×35mmの写真であり、普通はパスポートセンターの手前にある写真屋さんで撮ってしまうようなものだ。しかし、あれは少々値段が高いような気がする。撮ってもらったことないけれども。

なので、自分でどうにかしたいと。

まず写真はiPhoneで撮影。顔の表情、メガネ、背景など規定があるので良く読むべし。

www.mofa.go.jp

私の場合は、明るい昼間に室内で、白地の壁紙の前でiPhoneで撮影。後から知ったのだが、壁と被写体の距離が離れていると影が出にくい。近いと影が出る。ただ距離を話すと、余計なものが映り込みやすくなる。

撮った写真を下記のアプリで加工。

加工のポイントがあって、あまり美肌処理はしない方が良い。これも規格に書いてある。あと、顔の大きさのガイドがあるのだが、ほんの気持ち小さめにする。これは後のプリントの問題のための処置である。

ここまでできたら印刷。私の場合はローソンで印刷。ローソンで印刷するためには下記のアプリをiPhoneにインストールする必要がある。

PrintSmash

PrintSmash

  • Sharp Corporation
  • ユーティリティ
  • 無料

 ローソンでの印刷の仕方は省略。その際に、Lサイズで縁なしで印刷する。フチなしの時にほんの少し引き伸ばされてしまうので、先ほどの顔の大きさをあらかじめほんの少しだけ小さくする。

このL版プリントを家で綺麗にカッターで45,35mmで切れば完成だ。有楽町のパスポートセンターでは受け付けてもらえました。背景の影については指摘があったけれども(汗

 

 

読書感想 警官の条件 佐々木譲 著

 最初から申し上げますと、絶対に面白いのでオススメできる、です。

 「警官の血」は素晴らしい小説だった。それの続編にあたる警官の条件、さらに素晴らしいじゃないか。登場人物、主人公の安城和也、そして加賀谷仁の描写が良い。生き生きとしている。この本を読めてよかった、とつくづく思った。 

 

補足:楽譜をスキャンして電子化する

 

thinkinglog.hatenablog.com

 以前、このようなブログを書いた。そんなにたくさんのアクセスがある訳ではない私のブログの中ではアクセス数が多く(重ねていうが、零細ブログの中で、の話である。)、検索されて辿り着いている人が多いようだ。

 大したことが書いてあるわけでもないし、とは思うが、最近検索する人のニーズと全く違うことを書いているのではないかと気づいた。検索する人はきっと「楽譜 電子化」とか「楽譜 スキャン」などと検索しているに違いないと想像するが(検索ワードを逆に分析することができるはずだが、僕にはそのスキルは無い)、もしかすると「楽譜をスキャンして自動的に演奏させることができる譜面に起こすことができる」ことを期待しているのではないかと。僕のやっているのは、ただスキャンしてPDFにしてiPadで見るだけの、いわゆる「自炊」です。