読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東芝 LED電球 LDA6L

 またも、LED電球である。こいつはなんでこんなにLED電球が好きなのか?と言われそうですが、はい、そのとおりです、大好きです。

 今回は東芝のLED電球 LDA6Lを一気に3個購入した。なんと、ジャスコで980円だったのだ。  LDA6Lの紹介記事はこちらが参考になる。

【特別企画】 LED電球、どれを買う? 2010 東芝「E-CORE 一般電球形6.4W LDA6L」

 これを使って、廊下と玄関のミニレフ球60Wを置き換えた。トイレの交換の時と同じで、ミニレフ球のクビの細さが問題になりそうだったが、この東芝のLED電球はOK。そもそもLED球は白熱球に比べて光の拡散性がやや低く、真正面への配向性が強いので、ミニレフ球の置き換えに向いている。

 ミニレフ球の時に比べるとやや暗いが、言わなければわからないレベル。また、以前に購入したSHARPのLED電球よりは少し暗く、日立よりは少し明るい気がした。

 これで、我が家のLED電球交換はひとまず終了。今後交換するとしたら、リビングのシャンデリアに挑戦したい。ミニクリプトン球だったものを、今はE17口金のパルックプレミアの電球型蛍光灯に置き換えて使っているが、LED電球に置き換えた場合の光の配向性が気になる。今後の課題だ。