読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

The new iPadの意味

 新しいiPadが拍子抜けだ、という意見を時々耳にした。いろいろな意見をもつ人がいるわけだから、そのような意見も尊重はするものの、私は「拍子抜けだ」とは全く思わなかった。

 iPhone4Sが発表された時もそうだった。iPhone5ではなかった、iPhone4のマイナーバージョンアップでしかない、などと散々に言われていたものだ。しかし、その結果はどうだ。2011の第四四半期のセールスは、今までよりも好調で、そのままiPhoneのセールスを伸ばしている。

 今回のiPadは、画面が四倍の密度で綺麗になり、CPUが強化され、カメラが使いやすく画質も向上し、それでもってバッテリー駆動時間は今までと同じ。重さが50g重くなった、というところであろう。  ハードウェアとしてはAndroidのTabletと大して変わらん、Tegra3を使ったAndroidなんてQuad Coreだぞ!、という見方もあろう。

 しかし、iPadは、私はこれでいいのだと思う。正統進化で、代わり映えしない。代わり映えしないけど、使いやすさ、快適さの向上は引き続いている。ハードウェアとソフトウェア、サービスを一体で提供しているAppleでしかできない、ユーザー体験の向上なのだと思う。