読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツインリンクもてぎでゴーカート

f:id:thinkinglog:20140509212239j:plain

  この前、ツインリンクもてぎに行ってきた。旅行としていってきた。

 三年ほど前に、生協だったと思うが、ツアー旅行で一度訪れたことがある。そのときには、気球のエキシビジョンと花火があって、それはとても感動的で楽しかった。ホンダコレクションホールもその時に行った。見て回れる時間はツアー旅行だったので制限があったが、私としてはとても面白く興味深かった。また、その時にはゴーカートのような遊具は全く遊ぶことが出来なかった。なので、いつかツインリンクもてぎで徹底的に遊んでみたい、という思いがあった。子供たちも大きくなってきて、ツインリンクもてぎで遊べるようなとしになったので、来てみたわけである。

 私には、あるいは、自動車好きな人には、ここは本当に楽しい場所であると思う。もちろん、ツインリンクで開催されるレースを見るのも良いであろう。今回は公式レースは開催されておらず、翌日の全日本のための練習が行われていたが、それだけでも大迫力。バイクがあんなに速いスピードで走るのはゾクゾクする。

 ホンダコレクションホールも本当に面白い。施設内の説明ツアーに参加して30分ほどの説明を受けたが、やはり自分出まわるよりもポイントが分かって、とても良かった。今回の説明ツアーは一般車のもの。レース者対象のツアーもあるようだ。

 ホンダコレクションホールのすぐ裏で開催している、電動ゴーカートを自分で組み立て乗ることが出来る企画も最高だ。有料だが、内容から考えたら爆安である。今回組み立てられる部品は、タイヤとサスペンション。しかも、タイヤは二種類、サスペンションは三種類から自分で選んで組み立てることが出来る。そして、コースが終わるとライセンスカードをくれるのだが、これを続けていくと組み立てが出来る箇所が変わってくるのだ。ハンドルとか。モーターとか。ほんとうによくできている。

 そして、ツインリンクといえばやはりカートなんじゃないかと。ツインリンクもてぎにはいくつかの種類のカートがるが、そのなかの「カートランド」のカートをやってみた。中学生以上か、あるいは、普通免許証を持っていることが条件。講習を受けてから5週あるいは10週走ることができる。5週1,500円、10週2,500円。

 こんな経験めったになく、せっかく走るのだからと貧乏根性まるだしで10週を走ってみた。

 結果はこの写真の通り。 

f:id:thinkinglog:20140509212229j:plain

  1周1分を切るか切らないかというところが精一杯である。これでもイン・アウトを気にし、アクセルは全開で走っている。しかし、コースレコードはともかくとして、より上級にライセンスを取るのに必要なタイムにも全く届いていない。50秒を切って走らないと駄目だ。

 コーナリング最中のGが半端ない。ダブルヘアピンなんかとてもとても曲がり切れない。ハンドリングしていると言うよりは、ハンドルにしがみついているというべきような状態。

 このカートランドにはカートが三種類あり、パワーがそれぞれ違うとのこと。私が乗ったのは当然のとこながら一番下のカート。最高時速60km。一番下でこの過酷さなのだから、上のクラスは言わんやである。その後数日にわたって、腕が筋肉痛になってしまった。

 ツインリンクもてぎはとても楽しかった。オススメである。