読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想 ソロモンの偽証 負の方程式 宮部みゆき著

 以前に記載したBlogを検索でヒットして見てくださる方が多い。多いと言っても、誰も見ていないこのBlogだから、10人ぐらいですが。ありがたいことです。

 

読書感想 ソロモンの偽証 宮部みゆき - Thinking Log in my life

 さて、この記事を書いているときにWebで検索したところ、ソロモンの偽証は文庫本が出て、しかも、最終巻には、藤野涼子の20年後を書いた書き下ろし「負の方程式」が収録されていると知った。これは何としても読みたい。と願っていたら、神様が聞いてくださったのか、こちらに在住の日本人学校のお友達のお宅から借りることができた。ありがたい!

 

 いま、先ほど読み終えたところ。

 藤野涼子の20年後の物語であると同時に、別の偽証事件が題材になっている。主役は、ソロモンの偽証の本編には全く出ていない、私立探偵の杉村三郎。

 藤野涼子がどうなったのかがよくわかったのと、最後の最後に「えっ、あらまあ!」と驚くこと必至の展開となっている。なんて素晴らしいんだ、ソロモンの偽証は。

 良い本を読んだなあ、と余韻に浸っている。

 

 ソロモンの偽証、おすすめである。そして、ソロモンの偽証を読んだ人ならば、この書き下ろし「負の方程式」は見逃すことはできない。