読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想 奪取 真保裕一著

 真保裕一の本は今までに何冊か読んでいる。映画になったホワイトアウト、灰色の北壁、栄光なき凱旋を読んだはずだ。

 栄光なき凱旋と、灰色の北壁は私の中では秀逸な本である。

 今回は「奪取」。偽札作りを通じて騙し、騙され、というスリリングな物語である。勢いがあって一気に読めてしまう。エンディングがハッピーなんだか、なんとも割り切れない感じである。

 まあまあのおすすめ。