読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iTunesにCDデータを持つ理由

 Apple Musicを使うようになってからCDを全く聞かなくなった。CDプレーヤーを今のテレビ台、またの名をオーディオラックに入れるスペースがなくなったから、CDプレーヤーを接続していないという理由もあるが、CDプレーヤーを接続している時から既に聞かなくなり始めていたことは明らかである。

 オーディオを今後どうしたら良いのか、という話題はまた別の機会に譲るとして、iTunesのライブラリをどうするか、という点を考えたい。

 Apple Musicにそもそも存在しないCDは我が家のCDをリッピングするしかないのは当然だが、Apple Musicに存在する曲はCDからiTunesにリッピングしたものに比べて、下記のような点が懸念される。

問題点1 Apple Musicを契約していない時には聴けない。

問題点2 Apple Musicは256kbps AACであり、CDの音質よりも劣る。

 問題点1についてはCDからMacのiTunesにリッピングして、それを消さずにほぞんしておく必要がある。これについては下記のページが詳しい。

simpleguide.blog.jp

 問題点2は音質の話だから、聞く本人が256kbps AACの音質で文句がなければそれで良い。音質に関係ある話だから、オーディオをどのように構成するのかに関係する。残念ながら、今の我が家の常設のオーディオではCDそのままと、256kbpsの差は、注意深く聞けばわかるが、そんなに大きな差ではない、という程度だ。しかし、今後オーディオが良くなる可能性もある。したがって、手持ちのCDを256kbpsのAAC程度でリッピングした場合、将来後悔する可能性がある。それに加えて、記憶容量の容量あたりの単価は下がる一方であるのだから、あまり容量をケチるべきではないだろう。

 ということで、我が家ではApple Losslessで今後はリッピングすることとした。とはいえ、Apple Musicを契約しているのでCDを今後買う可能性はかなり低い。したがって、手持ちのCD、すでにiTunesにリッピングされているものをリッピングしなおすこととした。

 すでにリッピングされている曲がiTunesに入っているので、アルバム単位でまずすでにリッピング済みの曲をiTunes上で消してから、Apple Losslessでリッピングし始めたが、先ほど気がついたのだ。既存の曲があったとしてもそのまま再リッピングすると、iTunesが「曲を入れ替えるか。」と尋ねてくる。この機能を使うと、今までの再生回数などが消えない。よくできてるね、iTunesは。