読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

楽譜をスキャンして電子化する

 PFUのScansnap iX500を購入した。これについては別途書こうと思うが、買う一つの大きな理由が楽譜の電子化だ。

 私はプロの演奏家ではなく、ただのアマチュアのピアノ演奏家。ただのアマチュアのピアノ演奏家は、決まった場所で、予定された曲を演奏する、なんてことはまずない。コンサートがあるわけでも、演奏会があるわけでもないのだから。

 ピアノがある場所に出かける時に、「弾けるかどうか、弾く機会があるかどうかはわからないけれども。」ということがある。お友達の家にピアノがある場合とか。あるいは、誰かの演奏を誰かのお宅に聴きに伺うとき。そんなときに、私の場合、まあまあの確率で弾くことが多い。私が弾きたいオーラというか、雰囲気を出しているから、って可能性が高いですけれども。だって、人の家のピアノって弾いてみたいんですよ。どんなかなーって。また、予想もしていないときに演奏することもたまにある。

 そんなときに思うのが、自分の家の楽譜があればもう少しリクエストに応えて弾くことができるのに。あるいは、楽譜があれば、おぼろげな暗譜に頼らずに、もう少しマシに弾くことができるのに、と。

 だから、可能性があるときは、私は少しだけは楽譜を持っていくことが多い。ほんの二、三冊である。これで助かることも多々あるが、それでも想定した予想を超えた範囲のリクエストがあることもある。持って行った、二、三冊の楽譜に入っていない曲である。

 しかし、演奏する人なら誰しも思うことだと思うが、紙の楽譜は重い。たくさんは持っていけない。iPadの画面は紙ほどは大きくないけれども、すべての楽譜を持ち歩くことができたとするならば、その利便性は紙の大きさを大きく上回るのでないかと思った。

 電子化するならば、どうやってスキャンするのか。これにはどのスキャナーでスキャンするのか、はたまた、カメラで撮影するのか、などが含まれる。その次は、それをどのように管理するのか。今回の記事は、後者のどのように管理するのかについて述べたい。

 スキャンした楽譜はおそらくはPDFファイルになるが、それをどうやってiPadに入れるのか。考えられる方法としては、

1. Evernote

2. iBooks

3. iCloud Driveや、Dropbox, Onedrive

4. 楽譜管理用のアプリ PiaScoreなど

 がある。

 Evernoteのプレミアムユーザーの僕としては、Evernoteを活用していきたいのでこれが第一優先のオプション。メリットとしては、

ScanしてからEvernoteに持っていくまでのフローが既に確立されていて洗練されている。

一旦Evernoteに入れれば、他の端末、iPhoneでもパソコンでも楽譜を閲覧することができる。

PDFファイルの中身まで検索することができる。

 となる。

 一方、楽譜管理用のアプリでは、楽譜をiPadなどで表示するために特化されたアプリなので、機能が良くできている可能性が高い。普通にPDFを表示するのとは、少しばかり要件が違うだろうし、譜めくりもゆっくりはしてられないだろう。

 2のiBooks、3のクラウドドライブ系サービスについては、1のEvernoteに比べてのアドバンテージはあまりないように感じた。

 実際、PiaScoreを使ってみると良くできている。めくる、戻る、が触った瞬間にできる。ドラッグする必要がない(しても良い)。また、楽譜が小さい時にクロップすることができて、それが保存できる。全ページに同じクロップを適用することができる。繰り返し記号の戻り、フェルマータの進みなどの設定ができる、等々、楽譜を表示することに特化しただけのことがある。このあたりはEvernoteではできない。

 ということで、EvernoteではなくPiaScoreでやってみることにした。ただ、PiaScoreに持っていく時に、iCloud Driveに保存したPDFからインポートすることにした。そうすれば、本当にいざという時には、他のマシンからでもiCloud Driveで楽譜が表示ができる。

 PiaScoreではできなくて、Evernoteならばできることで残念な点が、PDF内のテキスト検索だ。PiaScoreではPDFの中身のWordでは検索できない。OCRをかけたPDFをインポートしてもできない。これはかなり残念で、というのは、月刊ピアノなどのたくさんの曲が載っている雑誌をスキャンした場合に、曲名で後から検索できないのだ。ファイル名にすべての曲を入れるわけにもいかず、月ごとに入っている曲も違う。これがPiaScoreでの非常に残念な点だ。

 この点以外は、piaScoreは素晴らしいので、これで当面は進めていくことに決めた。

 

piaScore - Smart Music Score Reader

piaScore - Smart Music Score Reader

  • plusadd,Inc
  • Music
  • Free