読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iCloudフォトライブラリをやめる

 私のフォトライブラリは五万枚以上の写真と、iPhoneで撮影した動画がある。以前にこのブログで書いたように、以前使用していたiMacから新しいiMacにデータ移行するときに「やむなく」iCloudフォトライブラリの利用を開始した。

 

thinkinglog.hatenablog.com

 

 

thinkinglog.hatenablog.com

  全ての写真ライブラリがクラウドに上がっているのはかなり気持ちがよく、使い勝手も良い。iPhoneでもiPadでも自分の過去の写真に全ていつでもアクセスできるという安心感は良い。しかし、安心感には金がかかる。私の場合300GBほどの容量があったので、1TBのプラン、月額1,300円を支払わなければならない。

 どうしてもクラウドに写真が存在しなければならないわけではなく、費用対効果は薄いものと判断して、iCloudフォトライブラリの利用をやめて、それに伴ってiCloudのストレージのプランを小さくすることとした。できれば無料の5GBで済ませたい。

 iCloudフォトライブラリのやめ方は簡単だ。

1. iCloudの設定の写真から、iCloudフォトライブラリをオフ。

 ただ、絶対に気をつけなければならないのが、オリジナルの写真はどこに存在しているのか、だ。オリジナルの、フル解像度の写真がiCloudにしかないのに利用を停止してはならぬ。iCloudフォトライブラリではそのクライアントに、フル解像度のオリジナルと同じものをダウンロードするのか、それともストレージ容量に合わせたものをダウンロードするのかを選べるが、後者はクライアント側に、自分の手元にオリジナルがない。この状態でiCloudフォトライブラリの利用を中止したら、せっかくのオリジナルの写真が世の中から消えてしまう。

2. iCloudのストレージの管理から、写真のライブラリを削除する。

 フォトライブラリの利用を中止しただけでは、そのまま写真はiCloudじょうに残り続けて容量を占有し続ける。それを削除せねばならない。

3. ストレージプランを変更する。

 ダウングレードしなければならないね。