読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Walt Disney World and Disney Cruise

f:id:thinkinglog:20140510111053j:plain

  Walt Disney Worldに行ってきた。Disney Parkは昨年、Los AngelesのDisneylandに行ったので、アメリカでは二度目である。もちろん、Disney Worldとしては初めて。

 この手のDisney World行ってきましたBlogは、たくさん存在しているだろうから、「素晴らしい!」一辺倒の内容は書かない。少しばかりの役立つ知識と、気づいたことを書いておきたい。

 今回は到着した日の夕方を含めて4日間、Disney Worldに滞在してParkで遊んだ。行った順に、Epcot, Magic Kingdom, Hollywood Studios, Animal Kingdom。テーマパークは四つをおさえることができたかもしれないが、この他にDowntown Disneyもあるし、夏になればWater Parkもある。行ったテーマパークもすべて回りきったか、と言われれば、「いやいやそれは出来なかった。」ということになろう。

 宿泊はAll Star Movies, Animal Kingdom Lodgeの二箇所。利用法ともディズニーワールド内の宿泊施設である。ディズニーのキャラクター、あるいは工夫がこらされている。2つの違いとしては、All Star Moviesは比較的リーズナブルだが、Animal Kingdom Lodgeはそれなりの値段である。当然、後者のほうが高級で、しかも、お庭をキリンが歩いていたりして、ホテルのベランダから見ることが出来たりするところがすごい。

 フロリダのDisney Worldはとても広大な敷地に、テーマパーク、宿泊などすへてが備わっていて、ロサンジェルスのDisneylandとこの点は大きく異なっている。すべて敷地内だから、と入っても、敷地が広大すぎて、ホテルからテーマパーク、あるいはテーマパーク間の移動は当然時間がかかる。ここは、どのように回るかを考える際に考慮にいれるべき点である。

 そして、ディズニーオフィシャルホテル(上記2つとも該当。他にもたくさんある。)に宿泊ゲストは、Magic Hourなる特別入場時間を使う権利を得ることが出来る。テーマパークによって、一時間早く入れる日や、二時間遅くまでとどまることが出来る日が設定されているのだ。

 わざわざオフィシャルホテルに宿泊するのだから、Magic Hourを使わないのは損だし、それがメリットだ、と言える。しかしながら、ひとつ言えるのは、このMagic Hourの仕組みと、4つのテーマパークを巡る順番(日)を十分に考慮すべきだ、ということだ。

 では、どのように考慮すべきかということになるが、この点に関しては詳しくは書かない。私がこのブログに書いたところで影響力は皆無に等しいことは分かってはいるが、私がこの考慮すべきことに気づいて、より良いアイデアを得ることができたのはRideMaxというサービス(有料)からなので、彼らの断りなくそれをここに列記するわけにはいかない。

 RideMaxはとてもとても有益なサービスだと思う。これだけの知識が得られて、しかも、アトラクションをどのように回るべきかのリストまで生成してくれるのだから、サービス料金は格安である。およそ17ドル程度だった。絶対にオススメできるサービスである。