読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想 村上海賊の娘 和田竜著

 和田竜の最初に読んだ本は、のぼうの城、である。たしか、本屋大賞か何かを受賞して既に話題になった後に読んだが、流石!といえる面白さ。史実を元にした歴史小説なのに、読み始めたら止まらない。人物がいきいきと描かれている素晴らしい小説であった。

 今回は、村上海賊の娘。これも本屋大賞を受賞作である。

 織田信長が全国統一をする際の、石山本願寺の戦いを舞台にした小説である。小説中、石山本願寺ではなく大坂本願寺である、と書かれている。

 のぼうの城と同じく、いきいきと描かれていて、面白い。長編だが読むのが止められない。オススメできる。