読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書感想 スローカーブを、もう一球 山際淳司著

 前から気になっていた本だった。タイトルがいい。

 様々なスポーツの選手、アスリートたちを描写したノンフィクションである。それぞれは短編になっていて、本題となっている話も、その一つである。

 その選手にどのようなバックグラウンドがあり、その一球、その一跳躍、その一パンチにどんな思いがこもっていたのか、生き生きと語られている。とても面白い。オススメできる。